花粉症の季節です|北松戸の歯科

サンデンタルクリニック

0477005831

ご予約・
				お問い合わせ

BLOG

花粉症とお口のトラブル

こんにちは

北松戸サンデンタルクリニックトリートメントコーディネーターの齋藤です。

桜が満開を迎えていますが、花粉症の方にとっては、まだまだ辛い季節ではないでしょうか。

私は20年スギ花粉と付き合っています^^;

春は歯のトラブルも増加すると言われています。花粉症と歯には意外にも密接な関係があります!

花粉症の主な症状の一つである、鼻水、鼻づまり。

酷くなると、鼻呼吸が難しくなり、口呼吸になります。

口呼吸になると、お口の中の水分が蒸発してしまい、乾いてしまいます。

お口の中の菌は乾燥状態で繁殖しやすいので、乾燥状態が続いてしまうと歯の周りに歯垢(プラーク)がつきやすくなり歯周病の原因となります。

そして、花粉症のお薬の中には、副作用として唾液の分泌を抑えてしまうものもあります。

唾液には、お口の中の細菌を抑える役割があります。

花粉症の方は、こまめに水分補給をして、咀嚼の時間を増やして唾液の分泌を促すことも大切です。

お口の中を保湿するマウスリンス(うがい薬)や

保湿剤もございます。

サンプルもございますので、お口の乾燥が気になる方は、お気軽にご相談下さい。

お口の水分量を測定する機械もありますので、ぜひ検診にいらして下さい。

舌の上にあてて、5秒ほどで測定します。無料で測定致します。

ページトップへ戻る